2013年4月 1日 (月)

今日は

これからオットの故郷、ウズベキスタンに向かいます。
いま、バスに乗って、ところどころに桜が咲き、
スカイツリーがみえる春景色の中、空港に向かっています。
あちらではオットの家族や友達と初対面の予定。
少し緊張。
行ってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月28日 (木)

おいしかった

ともだちにもらった、亀有の123ベーグル のベーグルがおいしかった。
米粉を使っているとのことで、表面は粘りもありつつパリッとしていて、
中はすごくもっちりしっとりしていて、とてもおいしかった。
実は、もらってからふた月ほど、
冷凍庫で寝かせてしまったものだったのだけれど、
それでも充分おいしいのだから作り立てはどんなにおいしいんだろうか。

母と神楽坂のメゾン・ド・ラ・ブルゴーニュで食べた
ランチプレートもおいしかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

ドラマ

今観ているドラマの中で、一番の楽しみは『最高の離婚』
キャストもストーリーもよいし、
毎回違うエンディングの四人のダンスがコミカルでセクシーでかっこいい。
これはドラマだけど、実際結婚生活にはいろんなことが
待ち受けているのだろうなー、と思う。
まだ結婚生活初級者のわたしには
きっとわからないことも描かれていて、
もう1,2年後にまた観てみたら、違う発見がありそう。
いろんな台詞が印象に残っているけれど、
最近の放送では、本筋とはあまり関係ないところで、
瑛太扮する光生が昔言ったという言葉が印象に残った。
『人がいちいち元気かどうか聞いてくる人がうっとうしい。
 元気がないのが普通の状態の人間もいるんだ。
 ちょうど良く元気なく生きてるのに、
 元気なことが当たり前みたいに聞いてくるな。』
偏屈だとは思う。
だけど、"元気がないのが普通"で"ちょうど良く元気なく生きてる"って
なんかわかる。
私の場合は、むやみに元気だと失敗が多くて、
あえて中くらいにテンションを設定している。
その方が生きやすいように感じるのだ。
だから「元気?」で始まる会話に
実はうっすらぼんやりと違和感があるといえばあって、
なんか他のしっくりくる挨拶ってないかなぁとか考えたこともある。
だから光生のその言葉の一部を聞いて、あ、そういう感じだ、
と、腑に落ちたのだった。
とはいえ、日常では光生みたいには深く考えずに、
"元気です"と答えられる人間でありたい…

『夜行観覧車』『カラマーゾフの兄弟』は殺人事件モノで、
結末を待ちきれずに犯人が誰か、ググって一応知った上で観ている。苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

パン

ともだちにもらった、経堂のonka のパン。
おいしかった。
1

ときどきデパートでDONQに寄る。
夫婦そろって"淡路の玉葱パン"のファンなので、
最近は多めに買う。
甘く香ばしい。

結婚して一年になるオットが、
あと十日と少しでウズベキスタンに所用で一時帰国する。
結婚してから距離的にこんなに離れるのははじめてだ。
オットによれば、のんびりした、ときにいい加減なお国柄らしく、
予定をこなす必要時間が読めなくて、
とどこおりなく行ってこれるのかなー、
と、なんだかそわそわする。
外国だから日本と同じようにいかないのは当然だし、
考えても仕方ないことなのだけど。
彼がむこうにいる間に、わたしも現地にいく予定。

…オットにまつわる話だったけれど、
バレンタイン、寒くて買いにいけずに、
何もあげずにスルーしてしまった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

日常

大雪予報は外れたけれど、寒かった一日。
大根とツナの煮物を作った。
料理初心者なので、少ない材料と手順で作れるメニューはありがたい。
深夜のテレビでおもしろ義理チョコ特集をやっていて、
外国人のオットが興味津々でみている。
私にはふーんという感じでも、珍しくておもしろいらしい。
明日はあったかいといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

かご二点

Photo_2
Found MUJIでかごを二つ買いました。
イラスト左のオーバルバスケットは、じゃがいも・玉ねぎ入れに。
右のブナ材のかごは、パンなどを入れておくところとして。
結婚のために実家を出て一年、日用品を少しずつ買いそろえるのが楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

yuroさんの『コラージュレッスン帖』

いつも話を聞いてくれて、いろいろと背中を押してくれる
友人のコラージュ作家、yuroさんの著書、
『コラージュレッスン帖』が文化出版局から発売されます。

20130205_01351


コラージュで作るブックカバーやレターセットなどの文具や雑貨、
ギフトラッピングなど、
かわいらしくて実際に使える作り方のアイデアが
沢山つまった素敵な本です。
升ノ内朝子さんによる、シロクマやペンギン、
リボンなどの可愛らしいイラストのコラージュペーパーの付録つき。
付録のペーパーを使った作例もあったり、
材料の入手先リストも充実していて、本当に実用的。
よし、作ってみよう!と思える一冊だと思います。

ぜひ、書店で手にとってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

映画と写真展

ミランダ・ジュライの新作映画『the future』を観てきました。
35歳のソフィーと、同棲して4年目になるジェイソン。
ある日ケガをした猫"パウパウ"を動物シェルターにはこび、
いずれ"パウパウ"を引き取ろうと決めます。
引き取るまでの30日間に、お互い先延ばしにしていたことをしよう、と、ふたりとも仕事を辞め、インターネットを解約するのですが、
ふたりを待つ未来は…というお話。
意外な方向にストーリーが進み、うまく説明ができませんが、
新たな一歩を踏み出したつもりが
現実にはなかなか変化を起こせなくて、
漠然とした焦燥感がぬぐえない日々を過ごすソフィーの姿に、
同世代として、かつ、ちょっと似た境遇にいるものとして、
ちょっとイタいような共感を覚えました。
わかるなぁ、なんにもできてないみたいで焦るよね、
でも踏み出さなくっちゃなんだよね、と。
ファッションやインテリアがかわいらしくて、音楽もよかったです。

その後、友人でもあるパリを拠点に活動する写真家、
鈴木良さんの写真展、『LISTENING TO ARCHITECTURE』へ。
昨年末に発売された、同名の初の写真集に登場する作品の個展です。
すっきりした空間に良さんの作品が映えて、
眺める程に気持ちもほんわか、かつすがすがしい感じがしました。
コルビジェなどの建築物を、独自の視点で写した作品を、
ご本人に解説してもらいながらみせてもらいました。
今月15日まで開催されていますので、機会のある方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

9か月ぶりです!

去年の5月以来の更新です。

まだこのブログ残っているかな…と自分でも検索してしまったほど、
ごぶさたしてしまいました。

どうも、表現力に乏しく、内容的にもぱっとせず、皆様に楽しんでいただける自信がなかったり、
ブログの方向性がもやっとしていてスタンスがぶれやすいのが
なかなか更新できない理由のようです。

久しぶりにチェックしたら、記事のカテゴリが混在していたり、
カテゴリわけもぐちゃぐちゃですが、
少しずつ直し、楽しく読んでいただけるものにしていきたいと思います。

ウズベキスタン人の夫と結婚してまもなく一年が経ちます。
入籍前、去年の節分に新居に引っ越してからは明日でちょうど一年。
文化の違いでちょいちょい面白いエピソードがあるので、
これからはそんなことも綴っていきたいと思います。

どうぞ よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

本をどっさり

メイの誕生日を祝いに実家へ行ったついでに、
本や雑誌数十冊を持って帰ってきた。
枕元に本を重ねて、なんとなくくつろいだ気分。
本を読むのもめんどくさいと感じたときもあったけれど、
その時期を抜けて、本を読むことで充電できそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«たわごと